印之歴史

篆刻御稽古イメージ画像

印の起源は古く、中国の殷代(紀元前1800〜紀元前1100)にさかのぼります。
この後、古い厳格な篆書体を守った漢印(6世紀半ば頃まで)から、
隋・唐(6世紀末〜9世紀)では、少しやわらかい書体へと変わっていきます。

一方、日本で印が使われ始めた時代は、はっきりしていません。
ただ、日本書紀に、持統天皇の6年(692年)に木印1個を奏上したと記されており、
これが日本での作印第1号だろうと言われています。

701年に制定された大宝律令の中には、印の形式や材料など定めた印制があり、
平安時代まで続きました。寺社で使われた大和古印は、遣隋使や遣唐使の交流の影響で、
やわらかい書体。でも楷書も入り、日本独自のスタイルがあります。

現代にもこのスタイルは、88箇所めぐりなどの印に、生きています。
これらはすべて、公の印。個人が印を使い、篆刻として書画と共に親しまれるようになったのは、
明・清革命のため、1653年に亡命してきた僧、独立(どくりゅう)や心越によって、
篆刻が伝えられました。

日本はちょうど江戸時代初期。榊原篁洲(さかきばらこうしゅう)ら、当時の一流知識人たちが
篆刻を学び、江戸中期からは、文人趣味として大流行しました。

そして、現代では、日展にも出展され、書画をひきたてるだけでなく、独立した芸術として、
認められています。

篆刻…

篆刻は、主に篆書(漢字の古書体)を石に彫ることで、
個性的で芸術的な印として使えます。

例えば親しい友人へ宛てた手紙に添えたり、
絵画や書画に落款(作者の署名・押印すること)を入れたり。
この印を彫ること自体が、身近なアートとして親しまれています。

最近では、モチーフは文字に限らず、お花や動物等の図柄や
アルファベットなども織り交ぜ、 イメージを膨らませて
自由にデザインしていく過程も魅力のひとつになっています。

篆刻手習之手引記

ひ* 撰文 ……………
刻りたい文字を考えます。
(例えばお好きな漢字一文字やひらがな、カタカナ、ローマ字など)
ふ* 検字(校字) …
刻したい文字を字書で調べます。(ひらがな、カタカナ、ローマ字は創作します)
み* 印稿作成 ………
字書で調べたもしくは、創作した文字を朱墨と黒墨を用いて書いてみます。
よ* 布字 ……………
石の印面に文字を逆字として鏡を見ながら書き入れます。
い* 刻刀(奏刀) …
専用の刀を使って字を刻ります。(持ち方・刻り方はいくつかあります)
む* 押印(試印) …
すべて刻り終えて一度試しに押してみます。
な* 補刀(修正) …
気になるところを直したり、石をかけさせて風化を出します。
(やりすぎに注意しましょ)
や* 側款 ……………
側面に日付、場所、氏名などを刻ります。(サインや模様などでもよろしです)
こ* 押印(完成) …
ポストカードにお好きな句を書いて最後に押印します。
と* 爾余 ……………
シーリングワックスやグルーガンを使って封ロウとしても楽しみましょう。

彫々葉 *筆書・篆刻・御包*

各種 2時間 3500圓

筆書+鳥渡包 3時間 5000円

延長 30分毎 500圓

筆書御道具料 500圓

篆刻印材 300圓~

御包材料 500圓

御稽古時間

 10:00〜12:00(〜13:00)

 14:00〜16:00(〜17:00)

 18:00〜20:00(〜21:00)

*2018年4月~

 10:00〜12:00

 13:00〜15:00

 16:00〜18:00

 19:00〜21:00

 時間帯 応相談


 〒651-0092
 神戸市中央区生田町2-2-17
 ホーユー コンフォルト新神戸503号
 地図ハ此方


*御予約は此方
 090-4298-5115

篆刻御注文

印稿(デザイン)のみ
 漢字    /3500 圓〜
 姓名    /5800 圓〜
 住所    /7500 圓
 住所+姓名  /8800 圓
 *先ズハ御相談願イマス

御稽古処

*Cafe de 仏蘭西(灘)
木・土・日曜日 am10:30〜
*デイサービスセンターさくら(兵庫)
水曜日 am11:00〜
*honeycomb BOOKS*(元町)
不定期 応相談
*御稽古処 彩葉(金沢)
不定期 応相談
*ギャラリー 楓(加古川)
不定期 応相談
*おむろカフェ時々
月一回 不定期 土・日曜日
*戒光寺(京都)
*淡爺秋堂舎(淡路)

‡自宅御稽古・個人宅出張御稽古 /5000 圓 + 交通費
にてお承り致します。
御質問・御相談 お気軽に御申付下さい。

古今印影彙集

仏蘭西巡彙集